上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
02
17

模擬裁判 「失恋サンタの殺人事件」

ナルルの学校で模擬裁判をしたそうです。
最近の高校は楽しいことするんだね。

昨夜ナルルが、「お母さんはどう思う?」って裁判のシナリオを見せてくれました。
模擬裁判のシナリオとしては結構有名なもののようです。



「失恋サンタの殺人事件」

=事件のあらまし=
平成22年12月24日20時過ぎ頃、中居香織(23)が自宅にて刺殺された。(※a)
逮捕されたのは大木和弘(25)、香織の元同棲相手である。(※b)


=検察による当日の大木被告の行動=
被告はケーキ店でバイト中であった。(シフトは10時~22時)(※c)
クリスマスイブのため、店長とバイト5人は大変忙しく働いていた。(※d)
仕事内容は、店内での販売、商品陳列、店外にてビラ配り、など。(※e)

20時頃、被告はこっそり店を抜け出し、店の自転車を使って香織のマンションへ行く。(※f)
香織を刺殺した後、マンション裏の藪へ凶器を捨て、店へ戻る途中を目撃される。(※g)
店に戻り、返り血を浴びた服を着替え、仕事に戻る。(※h)


=検察による殺害動機=
香織への思いが募るあまり、自分の思うようにならない香織に殺意が芽生えた。




(※a)
・香織は一人暮らし
・刺し傷は3箇所(胸部・腹部)
・凶器はバタフライナイフ
→香織の血が付着するも指紋はない


(※b)
・被告と香織は3年前の夏に知り合い、2年前の夏より約1年間同棲生活を送る。
→被告が香織の部屋へ居候という形
・被告が競馬・パチンコに明け暮れたため香織はホステスをしながら生活を支えるも結局別れを切り出す。
・被告は部屋を出たものの別れには不満を持っており、その後ストーカー行為を繰り返している。(香織の親友の証言より。被告は否定)
→香織は部屋のカギを交換している


(※c)
・被告のバイト先は香織の自宅からわずか5分の距離にある。
→被告本人の自宅からは電車で1時間かかる。
・被告の働きぶりは立派なものである。(バイト先店長の証言より)


(※d)
・バイト5人はサンタの扮装(衣装、帽子、あごひげ)を着用していた。
・店長の印象ではバイトは5人とも時間中ずっと働いていたように思えた。


(※e)
・店長の印象には反するが抜け出すことは可能とも考えられる。


(※f)
・店の裏にいつでも誰でも使える自転車が置いてあった。


(※g)
・凶器であるバタフライナイフは以前被告が常に持ち歩いていたものと特徴が似ている。(香織の親友の証言より)
→凶器は香織のマンション裏の藪で発見。被告は香織と同棲を解消した頃紛失したと主張。
・目撃者の証言
→「近所の自宅へ急ぐ途中、自転車に乗ったサンタと鉢合わせし、自転車は転倒した。
  自転車を起こすのを手伝ったとき、街頭も明るかったので、サンタの顔ははっきり見えた。
  後日警察に同年齢の人の写真10枚を見せられたとき迷うことなく被告の写真を見つけられた。
  また、サンタの衣装の胸の辺りは赤く染まっていた。」


(※h)
・サンタの衣装は使用者の明確な割り振りは無く、帰宅前にロッカーへ戻す、という管理だった。
→後に1枚紛失していることが発覚。(昨年以前にも無くなったことはあったが)




これ以外にも部屋でケーキの箱が見つかったとか、(※i)
香織に新しい恋人ができたとか、(※j)
不明瞭なファクターがあったけど、結局シナリオの中でははっきりさせることは出来なくて残念



(※i)
・被告のバイト先のケーキの箱であり、被告の指紋が検出された。
→被告が陳列の仕事中についたのかも。

(※j)
・新しい恋人の存在については最後まで不明瞭
→香織の親友の証言;被告と別れた後に出来たようだが詳しくは分からない。
→被告の主張:香織に新しい恋人が出来たため自分と別れることになった。






で、私の結論は、

「大木和弘被告は無罪」

理由は、

「示された証拠はすべて状況証拠であり、彼を有罪にするだけの理由とはならないから。」


ちなみにダーミンも同じ意見ネ


だけどもナルルがなんとか有罪にしたいそう。
聞けば、「検察グループ」にいるお友達が 有罪にするゾ、とはりきってる。
なんとか「裁判員グループ」に有罪を印象付けるいい論はないかなー?
だそうです。


ということで考えてみたのは↓


目撃者の証言は信用できる。(※k)
 ↓
被告がその日その時間にその場所にいたことは確かである。
 ↓
なぜ被告はそこにいたのか?
 ↓
バイト先にことわっていない点から、やましい理由だと考えられる。
 ↓
やましい理由とは殺人であり、犯人は被告である。


(※k)
・目撃者は倒れた自転車を起こす手伝いをした際、サンタの顔を間近で見ている。
・当時、街灯や住宅の明かりは、サンタの顔を認識できるのに十分に明るかった。
・サンタの顔を覆っていたのは、あごの先のつけひげ、眉の上まで引き上げられた帽子のみであり、
 顔の大部分(眉、目、鼻、口)は露出していた。
・後日目撃者は10枚の写真の中から迷うことなく被告を選別できた。


ちょっと苦しいけど、現状の証拠だけならこれくらいしかプッシュできるファクターってないような・・・

でも、こういうの考えるのって楽しい♪



スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キルル

Author:キルル
キルル:お気楽B型な高校生ママ

ナルル:イチビリO型な高2

ユルル:マイペースB型な高1

ダーミン:テレビ大好きO型なキルルのダーリン

コルク・ペンネ・デイジー:ペットたち(フェレット♂・フェレット♂・ミニダックス♀)
blog→フェレの気持ちだワン

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。