上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
06
01

天照大神―アマテラスオオミカミ―

イザナギから生まれた3兄弟
アマテラス、ツクヨミ、スサノオ


昨日に続いてお姉ちゃんのアマテラスについて。。。


スサノオの乱暴にキレたアマテラスは天岩戸に引きこもってしまいました。
もちろん世界は闇に包まれ暗~くなりました。

八百万の神が相談し、説得を試みますが、失敗
そこでアメノウズメが岩戸の前で半裸になって踊ると、八百万の神が大笑いしました。
その笑い声に興味をそそられたアマテラスが岩戸の扉を少し開けると、すかさずアメノタヂカラオがその手を取って岩戸の外へ引きずり出しました。


アメノウズメは芸能の神様。
アメノタヂカラオは、「天手力男神」って書くくらいだから、きっと力持ちの神様なんやろねー。
なんたって、一瞬にして岩戸の扉を開けてアマテラスを引っ張り出すくらいだもん。
あれ
岩戸の扉って・・・
重いの?
軽いの?
アマテラスは独力で引きこもったハズだよね・・・?
誰が扉、閉めてくれたんやろ?
スポンサーサイト
2006
05
31

須佐乃袁尊-スサノオノミコト-

久しぶりに出雲神話を。。。

イザナギから生まれた3兄弟
アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

今日は末っ子のスサノオノミコトについて。。。


イザナギは、アマテラスに高天原を、ツクヨミに夜を、スサノオに海原を治めるように言いました。
スサノオはそれを断り、母神であるイザナミのいる根の国に行くと言い始め、イザナギは怒り近江の多賀に引きこもってしまいました。

スサノオは根の国へ向う前に姉のアマテラスに挨拶をしようと高天原へ行きましたが、
そこで粗暴な行為をしたので、アマテラスは天の岩屋に隠れてしまいました。
そのため、スサノオは高天原を追放されて葦原中国へ。

葦原中国の出雲へ降ったスサノオは、その地を荒らしていたヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治し、
ヤマタノオロチに食われることになっていたクシナダヒメを妻として
出雲の須賀(すが)の地へ行きそこに留まりました。



アマテラスが天の岩屋に隠れたのは、スサノオのせいやってんねー。


ママの国へ行きたい~とか
ヤンチャで大暴れとか
姫を助けるヒーローとか。。。

なんかキャラが分かりづらい人
2006
05
15

月夜見尊-ツクヨミノミコト-

イザナギから生まれた3兄弟
アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

アマテラスは天岩戸事件で有名だし、スサノオもなんか聞いたことある~。
でも。
ツクヨミさんの名前は初めて聞いた。。。

誰かな、誰かなー?
と思っていると・・・
papa_chi_tomoさんが参考ページを示唆してくれました~。
papa_chi_tomoさん。ありがとう~


アマテラスとツクヨミは、ともに天を治めるよう命じられました。
ある日、ツクヨミはアマテラスに頼まれて、保食神(ウケモチ)と対面。
ウケモチは、口から吐き出した食べ物でツクヨミをおもてなし!
ツクヨミは「けがらわしい」と怒り、ウケモチを殺してしまいました。

これを聞いたアマテラスは「お前とはもう会わないっ!」と怒ったので、アマテラス(太陽)とツクヨミ(月)は昼と夜に別かれて住むことになりました。

ところで、ウケモチの死体からは牛馬や蚕、稲などが生まれ、これが穀物の起源となったそうナ。


っていうのが「日本書紀」に載ってるお話。
「古事記」では、アマテラスとスサノオのお話になってるそうです。
ソレって、ギリシャ神話とローマ神話みたいなモン?

2006
05
12

イザナギとイザナミ

出雲神話つながりで。。。

オオクニヌシノミコトのエピソードに出てきたスサノオノミコトについて調べてみました。
すると・・・

スサノオノミコトはイザナギの鼻から生まれたそうな。

ん~。
なら、先にイザナギとイザナミのことを勉強しちゃおう


むか~し、むかし。。。

イザナギとイザナミは結婚して、本州、四国、九州など、日本の八つの島々を生みました。
国生みを終え、さらに風、水、海、山、草など次々に神を生んでいき、その数35神に上りました。
しかし、ホノカグツチ(火迦具土神=火の神)を生む際、イザナミはヤケドを負い、命を落としてしまうのです。

死してなお自分の妻を恋しく思うイザナギは、黄泉国へイザナミを迎えに行きます。
しかし、そこで覗き見たのは、ウジの湧いたイザナミの死体でした
恐ろしくなってイザナギは逃げ出してしまい、日向の橋の阿波岐原で、体を清めました。
左目をすすぐとアマテラスが、右目をすすぐとツクヨミが、鼻をすすぐとスサノオが生まれました。


あら
アマテラスはスサノオのお姉ちゃんだったんだねー。
でも、ツクヨミって誰だろ?
それはまた今度。

2006
05
06

大国主命-オオクニヌシノミコト-

こないだの鳥取旅行で生まれた神話系の「
まずは大国主命(オオクニヌシノミコト)さんから~。

彼にはたくさんの異名があって。。。

○大国主命・神(おおくにぬしのみこと・かみ)
○大穴牟遅神・大己貴命(おおなむちのかみ・みこと)
 大名牟遅神
○葦原色許男神(あしはらしこおのかみ)
○八千矛神・八千戈神(やちほこのかみ)
○宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)
○大物主命(おおものぬしのみこと)
○大黒様(だいこくさま)

ホンマにたくさん!
「大黒様」も彼のことやってんねー。

んで、これまたエピソードもたくさんあって。。。

○白うさぎ
○赤いのしし
○スサノオノミコトの国―ヘビの部屋
○スサノオノミコトの国―ハチとムカデの部屋
○スサノオノミコトの国―シラミとり


○白うさぎ
ワニ(出雲の方言で、ほんとはサメ)をだまして海を渡ったから、ワニに皮をはがれちゃったうさぎを介抱してあげた。

○赤いのしし
意地悪兄さんたちは、オオクニヌシに、「この山には赤いいのししがいるから捕まえろ。」と真っ赤に焼けた大石を投げつけ、殺してしまった。
でもママが生き返らせてくれた。

○スサノオノミコトの国―ヘビの部屋
ママが心配して、兄さんたちと離れさせるため、スサノオノミコトの国へオオクニヌシを行かせる。
そこで、スサノオの娘スセリヒメにfall in love。
スサノオはオオクニヌシを試すため、一晩ヘビの部屋で過ごすよう指示。
スセリヒメがくれたヘビ除けグッズのおかげで無事生還。

○スサノオノミコトの国―ハチとムカデの部屋
翌日は一晩ハチとムカデの部屋へ。
スセリヒメがくれたハチ&ムカデ除けグッズのおかげで、また無事生還。

○スサノオノミコトの国―シラミとり
次にスサノオが命じたのは、スサノオの頭のシラミとり。
シラミと言っても実はムカデ!
これもスセリヒメの機転のおかげでクリア。
眠り込んじゃったスサノオの隙をついて、スセリヒメを背負って逃げた。


他にもプチエピソードがいろいろありました。


この後、国土の開発に力をつくし、医薬を普及させたりと数々の業績を残した偉大な神になったそうです。

プロフィール

キルル

Author:キルル
キルル:お気楽B型な高校生ママ

ナルル:イチビリO型な高2

ユルル:マイペースB型な高1

ダーミン:テレビ大好きO型なキルルのダーリン

コルク・ペンネ・デイジー:ペットたち(フェレット♂・フェレット♂・ミニダックス♀)
blog→フェレの気持ちだワン

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。